探偵の仕事は調査だけではない

こんな業務も

探偵業者が受け持つ業務内容は非常に多岐にわたります。盗聴器・盗撮機器の発見があります。事件性が確認されないと動いてくれない警察に代わって、探偵に持ち込まれるストーカー対策の依頼の一環であると言えます。
逆に、浮気調査の一環として盗聴器などを仕掛けることもありますが、他人の家に勝手に仕掛けるのは違法となってしまうので、依頼主の自宅に仕掛けることになります。

その他にも、サイバー犯罪や不正アクセス調査などの情報調査や、ネット上に書き込まれた投稿のIPアドレスから書き込み主の特定などの、ネットトラブル解決業務。指紋やDNA、声紋などの鑑定・解析調査などもありますが、この辺りは専門的な知識が必要になる為、探偵業者ごとに異なるでしょう。

便利屋から違法スレスレまで?

ストーカー被害の対策から派生して、子供のいじめ被害の実態調査なども、業務内容に含まれます。聞き込み調査や、パソコンやスマートフォンなどのSNSに残った情報などから、いじめを特定させます。
その他、アリバイ工作として電話代行のような、なんでも屋と思われても仕方のないような業務もあります。

ごく一部の業者では「別れさせ工作」「復縁工作」を扱っている所もあります。対象者に悟られないように、依頼主との間を取り持つ業務です。
ただし、こちらは法に触れてはいないものの、かなりグレーな行為である為、堂々と広告などしてはいますが、もしバレて裁判などになったら不利になる可能性もあります。
もし利用するのならよく調べ、よく考えてからにしましょう。


TOP